基礎体温表からわかること~排卵日を計算するだけじゃないの?~

東洋的な考え方に基づいて基礎体温表を分析すると、「冷え」「自律神経・ストレス」の改善においても、お一人お一人にあったアプローチが必要であることが判ります。

当院はお預かりした基礎体温表をもとに、現在の母体のコンディションを正確に把握し、改善の指標にします。

低温期には安定した低温を維持できているでしょうか?
途中に体温が上がる日が混ざってジグザグな表になられてはいないでしょうか?

陥落日(排卵日)にはキチンと体温が下がっていますか? 
その後、高温期に向かって一気に跳ね上がるような直線がみられるでしょうか?

高温期には、途中で低温日が混ざらず、2週間近く高温で横一直線の線が描けていらっしゃるでしょうか?
高温期から低温期への切り替えは滑らかでしょうか?

陰の時期(低温期)には大地の如く、しっかりとした良い卵子を育み、陽の時期(高温期)には、太陽のような跳ね上がる熱パワーで妊娠を維持する力をキープできるように・・・。このような母体の陰陽虚実のバランスがとても大切です。

当院では、これらの基礎体温表のデータをもとに、東洋的な考え方に基づいた全身(心)調整を行います。
お一人お一人の母体の内にある陰陽虚実のバランスを改善し、
本来備わった女性ホルモンや生殖機能の賦活を目指します。
鍼灸は、妊娠の大敵である「冷え」・「自律神経の乱れ」・「ストレスによる緊張状態」などの改善にとても効果的です。。

妊活を進めていくうちに、年齢や生活習慣による
卵子の老化(AMH値低下)、妊娠を妨げる様々な婦人科の疾患自己免疫の問題、男性不妊の原因や改善など、一朝一夕の努力では解決できないハードルが現れてくるかも知れません。

だからこそ、自然妊娠を望まれる方、生殖医療のサポートを必要とされる方、あらゆる不妊症治療の成功の為にも、まずは「冷え」「自律神経の乱れ」「ストレスによる慢性的な緊張状態」の早期改善が何よりも重要になってくるのです。

人工授精や体外受精などの
ART治療を受けられる方にも、排卵誘発剤やホルモン治療による母体疲弊の回復・胚移植や着床率の向上の為に、鍼灸による母体の基礎・土台作りを併用されることをお勧めします。
妊活・温活とはり灸

妊活は、妊娠をゴールにするだけでなく、赤ちゃんを迎え入れる環境の準備や、
母子ともに健康的で安全な出産に向けて、生活習慣や父母の体質の改善を行う期間でもあります。

食生活など栄養面の改善。質の良い睡眠の確保。専門的なクリニックでの検査。

冷え冷えライフ、間食などによる糖質過剰の生活習慣、気分転換のタバコやコーヒーの量はどうでしょうか?

埃のように、見えずともたまっていくストレスへの対策、そして母体だけでなく男性の側の改善も重要になります。

妊娠や着床を阻害すると思われる要i因を一つ一つ見つけ、改善し、より妊娠しやすい状態に近づけていくのです。
トップへ戻る / 鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療 / 小児のはり・きゅう / 妊活・不妊症鍼灸 / 女性の症状・レディース鍼灸 / 訪問出張 

施術者紹介 / 施術料金とご予約 / アクセス・交通 / 初めての方へQ&A / 鍼灸を受けられるにあたり / 千葉県山武・東金市


🄫はなのやま鍼灸院
 
冷えの改善~なぜ冷やしちゃいけないの?~

この50年間で日本人の平熱の平均は約1℃下がったと言われます。平熱が35度台の女性も少なくないのではないでしょうか?

「冷え」が妊娠の大敵であることはよく知られています。子宮や卵巣の冷えにつながるからです。

子宮は赤ちゃんを育てる為に「温かく柔らかく栄養満点なお部屋」である必要があります。

ところが冷えで血流が滞ると子宮への血流量が減ります。すると子宮の筋肉は柔軟性を失い、本来の機能を発揮できなくなってしまいます。冷たくて固いお布団のようなイメージです。

また、子宮や卵巣が冷えで機能が衰えると良い卵子が作れなくなったり、子宮内膜が厚くならなかったり(
着床障害)。

さらに「冷え」は、生理痛・月経前症候群・ホルモンや自律神経の乱れ・代謝や免疫力の低下・精神のイライラ・不安を引き起こします。「冷え」の悪影響は妊娠だけでなく全身(心)に及ぶのです。


鍼灸は女性の体との相性が良く、「冷え」や「血液循環」の改善にとても効果的です。
通常24時間以内に返信します。予めご了承ください。
E-mail(メールでのお問合せ) info@hananoyama.com
施術者 橋本昌周

千葉県出身 鍼灸師
積聚会所属
刺絡学会認定鍼灸師

施術者プロフィール

お問合せ・ご予約
ストレスと自律神経~生殖機能と関係するの?~

妊娠力の要である女性ホルモン(卵胞・黄体ホルモン)は、脳と卵巣のキャッチボールによって正常に分泌されます。

また、「脳の視床下部」にある女性ホルモン分泌のコントロールを行う部位は、自律神経をコントロールする部位にとても近く、相互に影響を与え合っています。自律神経の働きが乱れると、女性ホルモンの分泌量・月経・排卵・黄体期の維持にも大きく影響を与えます

自律神経の働きは、不規則な生活習慣やストレスによる慢性緊張状態によって乱れがちです。バランスを崩した自律神経は、本来備わっている
ホルモンバランスや月経などの生殖機能をセーブさせてしまうのです。

鍼灸は「乱れた自律神経のリセット」や「ストレスによる慢性的な緊張状態の改善」にとても有効です。

TOPへ   初めての方へ  積聚(しゃくじゅ)治療  小児はり  妊活・不妊症  レディース鍼灸  訪問出張  料金・ご予約  千葉県山武・東金市
0120-012-850
江戸川区 京成小岩 鍼灸(はり・きゅう) 積聚(しゃくじゅ)治療 小児鍼(はり) 妊活・不妊症 訪問出張 千葉県山武・東金市 Edogawa-ku,Tokyo Acupuncture & Moxibustion
□原因のわからない機能性不妊症・ART治療(人工授精・体外受精)との併用

□男性の妊活・男性不妊症に対して
LINEからお問合せ

完全予約制 不定休 10:00 ~ 21:00
はなのやま鍼灸院
〒133-0051
東京都江戸川区北小岩6-11-15
アクセス・地図案内

完全予約制・不定休
TEL 0120-012-850
時間 10:00~21:00
施術料金・ご予約