減らない中性脂肪・LDL(悪玉)コレステロール~閉経後の脂質代謝の異常~

「お医者様に言われて、なるべく脂(あぶら)は摂らないように心がけています。でも悪玉コレステロールも中性脂肪も、減るどころか増えていく感じです。これ以上何を気を付けたらいいのかわかりません。」

鍼灸院では、このようなご相談をいただくことも多いのです。


原因不明のLDL(悪玉)コレステロールと中性脂肪の増加。

健康診断の結果を見て、「えっ?」と驚かれた方もおられるのではないでしょうか?

「生活習慣に変化はないのに・・・むしろ食事には気を付けているのに・・・」

食事の偏りやこれといった異常はないと思われるのに、TG(中性脂肪)やLDL(悪玉)コレステロールの値が増えていくことに「???」。


女性ホルモンは悪玉コレステロールの増加を抑制します

女性は、40代後半を過ぎれば、徐々にエストロゲン(女性ホルモン)が減少していきます。

そして女性ホルモンの減少はLDL(悪玉)コレステロールの代謝を滞らせます。


・エストロゲン(女性ホルモン)は肝臓にあるLDL(悪玉)コレステロール受容体(吸収する装置)数を維持させて、血中のLDL(悪玉)コレステロールを肝臓で吸収しやすくします。

・肝臓に一定量のLDL(悪玉)コレステロールが吸収されれば、肝臓は更なる脂質の合成を行うことはありません。肝臓から体内へ送り出されるLDL(悪玉)コレステロールは体内に必要な適正量に落ち着いていきます。

・同時に女性ホルモンは、HDL(善玉)コレステロールを増やすタンパク質の合成を促進させますので、HDL(善玉)コレステロールの値もアップします。

・中性脂肪とLDL(悪玉)コレステロールが増え、HDL(善玉)コレステロールとエストロゲン(女性ホルモン)が減少しているようであれば、更年期・閉経後の女性ホルモン減少による脂質代謝異常が考えられます。



過度の脂質制限は逆効果です

脂質を過度に控えるのは逆効果になるという研究もあります。

それというのも、コレステロールは細胞膜や粘膜の材料、ホルモンの材料(抗ストレスホルモンや性ホルモンなど)に必要な栄養素である為、その7割強は体内(肝臓)で合成されるからです。

食事で補われるのは3割弱であるため、脂質制限のみでは効果は薄いのです。

脂質は体に必要不可欠ですので、体は一定量のコレステロールを保持しようとします。

食事で脂質が入ってこなければ、その分体内(肝臓)での合成量を増やして備えます。

結果、脂質を摂らなくても「脂肪の数値は下がらず」という結果に。



ストレス・慢性疲労による肝機能の低下

閉経だけが原因ではなく、慢性的なストレスや疲労による「肝臓の疲労」によっても、脂質の代謝異常が起こりやすくなります。

肝機能の低下により、血液中のコレステロールを肝臓が上手に吸収できない状態です。

肝臓はコレステロールが不足していると誤解して、どんどん合成してしまいます。

また、血中のコレステロールも吸収されず減らないので、数値は上がります。

蓄積された疲労やストレスがもたらす「脂肪太り」と言えます。



LDLコレステロール~濡れ衣を着せられた功労者~

一般にLDLコレステロールは「悪玉」と呼ばれますが、LDLコレステロールが悪さをするわけではありません。体内の毒素でもありません。

悪どころか、血管の傷の修復などに素早く取りかかってくれる功労者です。

「血管の問題のある所を調べたらLDLコレステロールがいつも沢山居るな、だからLDLコレステロールが血管に悪さしているに違いない!」

数十年前、こんな悪者の濡れ衣を着せられたLDLコレステロール。

最近の研究で、LDLコレステロールが血管に悪さをするのでなく、糖鎖などで傷つけられた血管の内傷を早期に修復する為に集まってきていることがわかってきました。冤罪だったのです。



活性酸素による酸化型コレステロールの危険性

冤罪だったといっても、LDLコレステロールは、体内に発生した活性酸素(フリーラジカル)に酸化されやすく、「酸化型LDL」になった時は悪さをします。

酸化型LDLは、血管壁で塊になりやすい性質を持ちます。

更にこの塊は、隣の細胞まで酸化して連鎖反応の様に「酸化LDLコレステロール」を増やします。

放っておけば、血管内の脂肪塊は増殖し、血流の障害になってしまいます。



活性酸素を防ぐには

「活性酸素を除去・減少させる抗酸化力」が必要です。

減少させるべきはLDLコレステロールではなく、むしろ活性酸素(フリーラジカル)の方なのです。

活性酸素の対策としましては、

・慢性的な疲労、過度のストレスの改善
・睡眠の時間や質の改善(成長ホルモンを十分に浴びる為、早寝・熟睡を)
・過度の飲酒・喫煙などの節制
・食事ではポリフェノール、βカロチン、食物繊維、ビタミンC、Eの摂取

などがあげられます。



閉経に伴う症状と考えられている脂質代謝の異常。

そして蓄積された疲労・ストレスによる脂質代謝の異常。

ガマン&ガマンの「脂質制限」ではなく、原因に応じた改善策が有効だと考えます。


女性ホルモン減少の対策としましては、 大豆イソフラボン(エクオール)に代表されるような、女性ホルモンとよく似た成分を含んだ食品の摂取なども期待できる改善策ではないでしょうか。

活性酸素対策としては、抗酸化力アップの生活習慣と食事があげられます。


また、東洋的な考え方に基づいた鍼灸による全身(心)のケアは、蓄積された疲労やストレスの改善、疲れた肝臓の機能サポートなどにも効果的です。

生殖器由来より分泌量は少なくなりますが、心身を休ませることで(閉経に関係なく)副腎で作られる女性ホルモンの分泌を促す効果があると考えられます。


「人生五十年」の時代には、女性の多くは閉経の前後に寿命を迎えていました。

ですが、現代の女性はそれより更に30年以上を生きねばなりません。

更年期・閉経に伴う女性ホルモンの減少がもたらす症状は多岐にわたります。

大切な「30年以上」を、より健康的で快適に。いつまでもアクティブに。

2019年06月19日