35歳の機能性不妊症~原因不明の原因を探して~

努力しても、なぜか妊娠しにくいという35歳女性。

知人から「不妊には鍼灸や漢方などの東洋医学も良い」と聞き、来院されました。

不妊治療専門のクリニックのお医者様からは、

「原因を見つけているうちにどんどん時間が経って妊娠しにくくなるから、体外受精に切り替えた方が良い」

「体外受精を行う過程で原因がわかることもある」と、

自然妊娠から生殖医療への切り替えを勧められているそうです。

40歳を過ぎて自然妊娠で第一子を授かる方もいらっしゃいますので、個人差はあると思いますが、35歳という年齢は、女性が「これ以降は自然妊娠しにくくなる節目」として考えられています。


鍼灸が効果的と考えられているのは

原因の特定できない機能性(続発性)不妊です。

全身(心)を調整し、冷え・疲労・ストレスによる母体の滞りを改善することで、

自律神経や血液循環、ホルモンバランスの乱れを整え、

セーブされていた生殖機能の働きを取り戻すことを目指します。

「妊娠しやすい母体のコンディション作り」が鍼灸の役割だと考えます。


隠れた原因に気づいていないというケースもあります

生理痛や月経に異常がない場合、ご本人には自覚症状がない場合もあるのです。


・卵子のキャッチアップ障害

卵子をキャッチする「卵管采」や「卵管」に炎症や癒着があるケース。
排卵された卵子が精子と出会う場所までたどり着くことができません。


・慢性の子宮内膜炎

子宮内膜に炎症が起きていて着床しにくいケース。
通常、生理痛やおりものが増えるなどの自覚症状を伴いますが、初期には自覚症状がないことも。


・卵子の未熟、精子の不活性、着床しない受精卵の問題

何らかの理由で、健康的な卵子・精子ができにくい、
精子が卵子の中に入りこめても受精卵になるまでの活性が見られない、など。

(体外受精などで)良質な胚を何度移植しても着床しない、など。


・卵子の老化(アンチミューラリアン・ホルモン・AMH値の低下)

卵子が加齢とともに老化している場合。卵子の残り数が減少している場合。

残念ながら、卵子の老化を食い止めることは現代の医学ではできません。
卵子を凍結保存をしておく技術はありますが、かなり高額になるようです。


といっても、卵子の老化は加齢だけが原因ではありません。

生活習慣やストレス・活性酸素などによる、体内のミトコンドリアの活性が低下して起こることもわかってきています。

若くても喫煙習慣があったり、コーヒーを毎日多く飲む女性の卵子は老化が速いという研究データがあります。

「抗酸化力」を高める生活習慣を心がけることで、卵子の老化を遅らせることができる可能性があるのです。

すぐできる改善としましては、深夜に分泌される成長ホルモン(体の修復)を十分に浴びるために、早めの就寝、質の良い睡眠なども心がけてみられてはいかがでしょうか。




当院では、「原因不明の原因」を再チェックされてからの鍼灸が望ましいと考えます。

そのうえで、母体に蓄積された冷え・疲労・ストレスなどの滞りを改善する「妊娠しやすいコンディション作り」をスタートされることをお勧めしています。

母体のコンディションを丁寧に整えることにより、セーブされていた本来の生殖機能が正常に動き出します。

元気な卵子を育む卵胞ホルモンの充実、排卵、着床しにくさの改善(子宮内環境)、妊娠を維持する黄体ホルモン(高温期の持続)、など「妊娠しやすさ」に近づけていくのです。




体外受精などの生殖医療を受けられる方にも

科学的な治療による母体のダメージを補う為に「母体のコンディション作り」をお勧めしています。

受精卵を作るまでにエネルギーを消耗し、いざ着床や妊娠を維持する力を失ってしまっている女性も少なくありません。

移植した胚(受精卵)にとって、栄養満点で、温かく、柔らかく、居心地のよいお部屋(子宮)にリフォームしておくことも大切です。




不妊に悩まれるカップルの約47%に男性側の要因があります

にもかかわらず、精神的に追い込まれてしまうのは、女性の方が多いのです。

限られた時間と予算を有効に使う為にも(完全に否定できる根拠がない限り)、男性の要因検査は最優先で行われることを強くお勧めします。

そして男性にも、原因が特定できない男性不妊・性交不全・精子の異常が起こります。

その場合には女性と同様、蓄積された冷え・疲労・ストレスを改善することにより、自律神経・ホルモンバランスの乱れを整え、本来備わっている生殖機能の賦活を目指します。




「妊娠」はゴールではありません。母子ともに健康で安全な出産までが道のりです。

東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整が、母体に滞っていたものを動かし、本来の「元気な生殖機能」を取り戻されるサポートになれたなら、鍼灸師として大変嬉しく思う次第です。

ブログ文章 橋本昌周

2019年06月19日