食べない子・好き嫌いが激しい子~小児の食と成長~



「好き嫌いをなくしたり、良く食べるようになるツボはありますか?」と、お母さんから食に関するご相談をいただくことも多いのです。

「食欲に偏り」があったり、「好き嫌い」が激しかったり、毎食「食べたがらない」など。

何でも美味しくお腹一杯食べられる大人から見たら、気まぐれやわがままに見えることでしょう。


食べるとは、噛んでゴクンと「飲み込むまで」ではありません。

その後の「消化器の働きによる栄養吸収」までを意味します。 そして、食べたものを消化吸収するにはある程度の体力が必要です。

「消化吸収には体力を奪われる」

これは小児でなくとも、消化吸収能力が発達した大人も同様です。


体力がない時の”こってりした栄養価の高い食事”は、まるで食べ物が素通りするかのように(体が消化吸収を拒んで)、体力を奪うだけで便として出されてしまいます。

ですので病み上がりの方、断食を終えたばかり方には、(栄養を摂らせてあげたくとも)いきなりステーキを食べさせないのです。

栄養の吸収とは「食物の栄養価」だけで決まるものではなく、その時、その方の、消化吸収能力とのキャッチボールによって決まると言えます。


食べない子や好き嫌いの激しい子は、気まぐれでわがままなのでしょうか?

日々の臨床で子供たちに接していると、「この子は、本能的に自分の消化能力以上に食べないことで体力を守ろうとしているのでは?」思えることも多いのです。


また、生まれつき「特定の食品の消化吸収」が苦手な場合もあります。

例えば、牛乳を飲むと下痢をする、小麦食品(グルテン)を食べるとガスがたまり腹痛が出やすいなど。

「好き嫌い」も、その子の体調の負担になる栄養素を、経験から本能的に拒絶しているのかも知れません。

過去には、幼児の頃に「喉に詰まって苦しい思いをした食品」や「食あたりを起こした食品」を一切受け付けなくなった子もおりました。

このような、大人にはわからない、小児ならではの警戒心による「好き嫌い」「苦手」のケースもあります。


小児は、毎日毎日ゆっくりと消化吸収の練習をしています。

ある程度成長するまでは消化吸収力の成長にバラつきがあるのが当たり前です。

また成長して消化吸収力がついてくれば、今まで心身の負担になって食べられなかったものでも普通に食べられるようになることが多いのです。


見守るべき(改善していくべき)は、食べた量や品目だけではなく、

その子の消化力(胃力)や食べ物に負けないだけの体力だと考えます。

東洋的な考え方に基づいた「小児はり」は、その子の全身(心)の状態にアプローチすることにより、日々の成長を促し、消化・吸収力の成長をサポートします。

「治療を受けた日は良く食べます。」とご報告をいただく事も多いのです。

ブログ文章 橋本昌周

 

2019年06月18日