SAD(Social Anxiety Disorder )~社会不安障害~

日常生活における不安障害を思いつくままあげてみますと、

・パニック障害

・空間恐怖症(高所・閉所など)

・特定のものに感じる個人的な恐怖症

・強迫性障害

・全般性不安障害

・急性ストレス反応

・PTSD(外傷後ストレス障害)

・SAD(社会不安障害)

と、おおまかに分類できると思います。


こんなに沢山の不安障害があります。

現代社会が、いかにストレスと不安の製造機であるかが垣間見える気がします。



SAD(社会不安障害)のチェック

下記の状況において、不安や緊張を感じて声や手がふるえることがありますか?

□大勢の前で話さなければならない

□人前で指名されて、自分の意見を述べなければならない

□権威ある人や社会的地位のある人と話さなければならない

□知らない人に電話をかけなければならない

□初対面の人とマンツーマンで話さなければならない

□面接で自分の考えや意見を伝えなければならない

□人が見ている前で署名や文字を書く

□なじみのない場所で外食をする

□上記の質問のいずれかの為に社会生活に大きな支障がある

*上記の3つ以上が頻繁であればSAD(社会不安障害)の可能性が疑えます。



SAD(社会不安障害)とは?


症状

人前で話したり文字を書いたり、他人と食事をすると、

強い緊張や不安感に伴い、

手足のふるえ・動悸・吐き気・冷や汗などを生じます。



概念

個人的な性格・性質(あがり症・緊張症)などと明確な区分はなく、

状況に慣れることで症状が改善されればSADではなく、

慣れても症状に変化がないようならばSADの可能性があると判断します。


人前での大きな失敗や不安・緊張した経験が

脳の扁桃体(恐怖や不安の中枢)にすり込まれ、

同じような「人前」という条件に反応してしまうことも。



好発

SADで医療機関を受診するのは、働き盛りの年齢(人間関係が多彩で、仕事上失敗できず、初対面の人ともそつなく接しなければならない)が多いようです。

ですがその方たちも、多感な中・高生時代に発症しているケースが多いのです。



社会性

・成人SAD患者の20%が無職です・・・面接・就職・仕事・人間関係がスムーズに行かない、能力や才能を生かせるチャンスを逃してしまうなど。

・成人SAD患者の60%が未婚です・・・異性とうまく付き合えない→非婚や晩婚など。



当院では、このSAD(社会不安障害)を、

心身に生じた滞りから生じる、強い「上実下虚」の状態と捉えます。


「上実下虚」とは、どのような状態なのでしょうか?

蓄積された疲労やストレス、生活習慣の不摂生、事故や手術の影響、憤りや不安・恐怖などにより、全身(心)のエネルギーが上下に分離してしまうことです。

昔のお風呂で例えますと、上がすごく熱くなって(実)下は冷たいまま(虚)の状態です。

かき混ぜて温度を均等にすると心地良いですよね。

健康とは「体内のお風呂」をかき混ぜた状態のことと言えます。


ここでは熱と冷えという表現をしますが、温度の意味だけではありません。

体内で一塊であるべき生命エネルギーが、病的に上下に分離した状態と言えます。

分離された片方のエネルギーは上部・表面にたまり密度が高くなります。


□上部で密度が高くなりすぎたエネルギーにより、上半身や表面では、

のぼせや円形脱毛、頭皮の感覚過敏・皮膚の症状・鼻炎や鼻血、耳鳴り、眼の症状、肩こり・首の痛み、腕や指関節の痛み、手の振るえなどが生じやすくなります(上実)。


□反対にエネルギーの密度が低下した、下半身や深部では、

冷えて力がなく、腰・膝・脚にだるさや痺れ・痛みなどの神経症状や関節症状が起こりやすくなります。また、泌尿器や排泄機能・生殖器の症状なども出やすくなります(下虚)。


心身の疲れや疲労をとり、睡眠・栄養・休養を充実させることで、

お風呂をかき混ぜるように体の中のエネルギーが上下均等になります。

エネルギーが上下に分離してしまうのを留める力が湧いてきます。



東洋的な考え方に基づいてみれば、SAD(社会不安障害)の背景には、

(発症時期の)疲労やストレス、環境の変化、周囲へのわだかまりなどによる

「心身に生じた滞り」「心身のバイタリティの低下」があると言えます。


それにより生命力・治癒力が弱められ、強い上実下虚が生じ、

通常よりも、大きな不安・緊張に増幅され

深く心に刻み込まれてしまったものだと考えられます。


SADの発症が多感な年頃に多いというのも、

日常のストレスやわだかまりを、

より敏感に、大きく増幅してしまうなど、

精神的な要因が大きいようにも思えるのです。



当院では、東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整により、

心身に生じた滞りによって弱められた生命力・治癒力を補います。


それにより、上実下虚の改善(お風呂をかき混ぜること)を目指します。

*過去のケガ・転倒・ムチウチなどによる外傷性の要因が確認できれば、その部位には補助的な施術が必要になります。



「原因がわかるだけでも救われる」

長年のSAD(社会不安障害)の症状で苦しまれている方の中には、そう思われる方もいらっしゃるかも知れません。


全てのSAD(社会不安障害)の原因が「上実下虚」だとは決めつけられませんが、

改善のヒントは、睡眠・栄養・生活習慣の改善、気分転換などによる、

心身の休養(生命力・治癒力を補うこと)にあるのかも知れません。


ブログ文章 橋本昌周

2019年06月25日