梅雨時の体調不良~湿邪との闘いJAPAN~

湿度が増してきましたね。

エアコンを使う日も増えているかなと思います。


人間には水の流れが欠かせません。

古いお水が滞っていますと、
体内のバランスが乱れて機能失調が起こりやすくなります。

その為、古くなった水分を捨て、
新しい水分を吸収する働きが盛んに行われています。

古くなったお水を捨てる機能と言えば、おしっこや汗を思いつかれるでしょう。

実はそれともう一つ、体表から蒸発する水蒸気もあるのです。



乾燥した大陸気候の国では、オールシーズン体表からの水分蒸発が盛んです。

不足せぬよう飲茶やティーテイムなど水分を補給する習慣があるのも理にかなっています。


ですが、四季のある日本では、これからが湿度との戦いの季節です。

大気中の水分が飽和状態ですので、体表からの水分の蒸発は減少します。

このような時期は、体内に湿邪(湿気)が滞り、

体調不良、疲労倦怠感、頭痛、胃腸の疲れ、神経痛、関節痛、慢性関節リウマチなどが起こりやすくなります。

軽い運動やサウナなどの「汗をかく習慣」をつけたり、

辛いものを積極的に摂ることで肺を滋養し、

皮膚呼吸(毛穴の開閉)を応援してあげると良いと思います。


体は健康な状態を保つ為、常時新鮮な水分を必要としています。

水分摂取量を控えることなどせずとも、古くなったお水を上手に捨てる工夫、

それで防げる梅雨時の体調不良も少なくはないのです。



当院では東洋的な考え方に基づき、全身(心)のバランスを調整していきます。

気・血・水と呼ばれる、お体の巡り・働きを整えていくのです。

施術中、堰を切ったように汗をかき始める方も多いのです。


梅雨時の不定愁訴に悩まれている方、

ぜひ一度、意識して汗をかかれてみてはいかがでしょうか?


ブログ文章 橋本昌周

2019年06月24日