妊娠嘔吐(つわり)・悪阻

「何を口にしても、食べては吐くの繰り返しです。胃がムカムカしていて食べられるものがないんです。」

つわりに苦しまれている妊婦さん(現在9週目)のお宅へ訪問鍼灸に伺いました。

第三子のご懐妊ですが、上の子たちに比べて特に”つわり”がひどく、

鍼灸で少しでも楽にできないだろうか?とのご相談でした。

カウンセリングで伺えば、当初は「梅干しや氷なら大丈夫」だったそうですが、

現在はそれさえも吐いてしまうらしく、

(赤ちゃんの為に少しでも吸収されることを期待して)吐くのを覚悟で無理やり口にされているそうです。

体重も7Kg以上減ってしまったたそうで、日常の起居動作もしんどいとのことでした。


つわり(妊娠嘔吐)は、妊娠16週を過ぎると治まる方がほとんどです。

ですが、まれに悪化して「妊娠悪阻(おそ)」に進行してしまうケースもあります。
これは母子ともに生命の危険がある為、クリニックでの輸液処置が必要になります。

つわり(妊娠嘔吐)も妊娠悪阻(おそ)も、はっきりとした原因は解明されていませんが、半数近くの妊婦さんが多少なりとも経験されるものです。



つわり(妊娠嘔吐)について

・妊娠初期の嘔気・嘔吐・食べ物の嗜好の変化をいいます。病気ではありません。

・つわりは一過性のものがほとんどで、概ね5,6週頃から始まり16週頃には落ち着きます。軽い症状を含めると半数以上の妊婦さんにみられるそうです。


妊娠5,6週とは子宮内膜に胎盤が形成される時期です。

この時期には、胎盤から、妊娠を維持する為の様々なホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)、プロゲステロン、エストロゲン)が分泌されます。

・エストロゲン(卵胞ホルモン)は、子宮内膜を厚くして受精卵に居心地の良いベッドを用意します。

・プロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮内膜を潤し、赤ちゃんがずっと寝ていたくなる布団を維持します。

・ヒト絨毛性(絨毛とは胎盤の事です)ゴナドトロピンは、妊娠初期から生成され、胎盤の中の絨毛から分泌されます。



【ヒト絨毛性ゴナドトロピンの役割】

・妊娠黄体が壊れないように守り、黄体ホルモン(妊娠維持に必要)を途切れないようにします。

・母親の免疫で受精卵が殺されないよう免疫的寛容(受精卵を敵とみなさない反応)に関わっているとも言われます。

・受精して2週目には分泌され尿に排出されますので、妊娠検査にも使われます。

・ゴナドトロピンの分泌量がつわりに大きく関わっているのでは?という研究が進んでいます。



【ゴナドトロピンが増える(つわりがきつくなる)2つの要因】

・多胎(双子以上)の場合、もう一つは胞状奇胎などの絨毛性疾患(絨毛細胞の異常増殖)によるもの。

・精神的なストレス、妊娠への不安、自律神経失調などの要因で分泌量が増え、つわりを強くしている可能性も考えられています。



つわりによる低血糖状態(ケトーシス)


母体は、赤ちゃんに栄養を送るために、自ら蓄えた脂肪を分解して「ケトーシス」という状態になります。

お腹の赤ちゃんはお母さんの食べた糖質をそのまま吸収することは苦手です。

お母さんに蓄えられた脂肪を分解してできた、ケトン体などの脂肪代謝産物をメインのエネルギーとして成長します。

これは、穀物生産の発達により炭水化物が安定して摂取できるようになる前の時代、原始の本能に由来すると考えられています。

このケトーシスにより血糖値が低下した状態がつわりの原因ではないかとの研究も有力視されています。

朝の起床直後、空腹時につわりが強まる方は、このタイプかも知れません。



個人の想像で恐縮ですが

つわりとは、赤ちゃんの栄養になるケトン体を作り出す「ケトーシスの状態」を母体に起こさせる為に、邪魔になる現代的な食べ物(主に糖質メインの食事)の拒絶や嗜好の変化を起こさせているのではないか?と思う時があるのです(学術的な根拠はありません)。


母体をケトーシス状態に変えるには、口から入ってくる豊富な炭水化物やその他の栄養素は邪魔になります。

蓄えられた脂肪を分解する為には、母体は飢餓に近い状態である必要があるからです。

妊娠中は、赤ちゃんに合わせて、母体も「原始帰り」するように思えるのです。



妊娠悪阻(おそ)について

主な症状としましては

・食べ物の経口摂取量の低下
異化(栄養が入ってこないので母体の脂肪や筋肉を分解してエネルギーに変える)が起こります。これにより体重は激減し、ケトアシドーシスといって、体がどんどん酸性になってしまいます。

・嘔吐(水も飲めない)
脱水症状や体の中のミネラル・バランスの異常をきたし、体内の機能が上手に働かなくなります。

・肝機能障害
軽い黄疸などが出ます。

・腎機能障害
慢性低血糖な状態ですので、血圧が低下することで腎血流量が減少し、異化による脂肪代謝産物(ケトン体など)により腎機能の低下が起こります。蛋白尿が出ることがあります。

・精神症状が出ることもあります。

・重篤な場合は母子ともに生命の危険性があります。
クリニックでの輸液処置などが必要になります。



臨床上は、

何か食べると吐きたくなるから食べたくないタイプと、空腹になると気持ち悪くなるので食べ続けたほうがラクというタイプが見られます。

どちらのタイプのつわりでも、東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整を行います。


つわりは病気ではありません。

ですが、つわりを抑え込めない母体の背景には、蓄積された疲労、冷え、ストレスなどによる「生命力・治癒力の低下」から生ずる機能異常があると捉えます。

母体内に滞っていたものを動かし、生命力・治癒力を補うことで、「つわりを抑え込む力」を取り戻していくことを目指します。


気持ち悪さや吐き気の改善具合をチェックする指標となるポイントとしましては、

腕(特に手首周り)に出現する陥凹(へこみ)、体の正中線上に出る太い筋(すじ)、みぞおちに出る硬さなどがあります。

胃腸に疲れや冷えがある場合はおへその周りに動悸が出現することもあります。

全身(心)の調整により、これらの指標が緩んだり消失していく過程で、つわりの症状が改善されていくことが多いのです。




「なんだか双子のような気がするんですけど・・・」

施術を終え、帰り支度の最中に、そう話しかけられました。

多胎により、ゴナドトロピンの分泌量が増え、つわりがきつくなっている可能性も考えられます。母親の勘、案外的中しているかも知れません。

「16週過ぎるとウソのように治まりますよ。」

帰り際の何気ない説明でしたが、

「そのうち治まると思えば、なんだか気が楽になりました。」と仰っていただき、

その時の明るい笑顔が印象に残った帰り道でした。

ブログ文章 橋本昌周

2019年06月22日