眼精疲労と眼疲労

長時間のPC作業やスマホ・タブレット、近視的な視野での細かい作業の連続による眼の疲労(過労)は、誰でも経験されたことがあると思います。

目そのものを休ませれば元に戻る、一過性の眼疲労と、目を休ませても改善しない、また目が疲れる作業をしていないにも関わらず、眼の疲労や肩こりや頭痛、眼窩痛などの症状が長引く、眼「精」疲労があります。

眼疲労と眼精疲労。一文字違い。「精」とは一体何でしょう。


「精」は体の持つパワー(元気)を意味します。

東洋医学では、眼を動かす燃料になる「陰血(いんけつ)」は精から作られると考えられています。

すなわち、肉体や精神の疲労で「精」が使われ過ぎれば、精から作られる陰血(目を働かせる燃料)も不足してしまうのです。

それどころか疲労やストレスが強く、「精」の消耗が激しければ、そのロスを補う為に、蓄えられていた陰血さえ使われてしまうことがあるのです。


精は腎、陰血は肝がコントロールしています。

ストレス、イライラ、怒り、寝不足、疲労・・・。

そのような心身の変調が目や目の周辺に現れるという事は良く経験します。

逆に、熟睡された後やマッサージやリラクゼーションを受けられた後には、「眼がパッチリした」「明るく感じる」など、眼の変化を実感された方も多いのではないでしょうか?


眼とは、光を受け止め映像化する器官です。

光とは陽が極まったもの(極陽)。例れば、メジャーリーグの投手並みの速球です。

極陽を受け止めるキャッチャーも草野球レベルでは務まりません。

「極陰」、強力なキャッチャーが必要です。

このように考えると、眼とは、かなり陰性が強い器官といえます。


人体で陰性が強いのは「腎」、そして「肝」です。

この腎と肝がしっかり休まった状態が、光をばっちりキャッチできる状態だと言えます。


鍼灸によるアプローチ

眼の疲労だけでなく、心身の疲労から生じる、精の消耗・陰血不足による眼精疲労、視力の低下、そして肩こりや頭痛、眼窩痛などの愁訴。

当院では、蓄積された疲労、冷え、ストレスなどの心身の滞りにより、その方の生命力・治癒力が弱められ、それにより、精や陰血の消耗を速やかに補えない状態が眼精疲労の原因だと考えます。

全身(心)の調整により、弱められた生命力・治癒力を補う事で、消耗した精・陰血のリカバリーを促進し、眼精疲労や視力低下の根源的な改善を目指します。

眼を休ませても、なかなか改善しない眼「精」疲労。

蓄積された疲労やストレスに対して、体からの「休め」のSOSサインのようにも思えるのです。

2019年06月17日