スムーズで安全な施術の為に

鍼灸を受けられるにあたっての注意事項とお願いです。

施術の前には


・施術を受けられる10分~15分前から体を休めておいて下さい。

・直前の食事やマッサージは控えて下さい。止むを得ない場合にはその旨を教えて下さい。

・顔の色も判断の対象になりますから、化粧は出来るだけ控えて下さい。

お着替えの用意がございます。お気軽にお申し付けください。

・Tシャツ・短パン・パジャマ・タオルなど、ご自分の着替えをお持ちいただいても結構です。


施術中には


・お腹・背中・腕・脚を出しやすい格好になっていただきます。

・足の甲、足指も施術の対象になります。靴下・ストッキングもお脱ぎいただきます。

・ネックレス・指輪・イヤリング・眼鏡・腕時計など身に着けているものを外していただきます。

・施術中は気持ちをゆったりとして下さい。

・苦痛や不快感・過緊張など、仮にそのような感覚があればガマンせず直ぐに申して下さい。


施術後の諸注意

・施術を受けられた日は、静かにお過ごし下さい。

これは施術によって動かされた「気」の鎮まるのを待つような気持ちです。

特に施術後の、過度のアルコール・洗髪・入浴(シャワーは可)・徹夜・性行為・激しい運動・重労働などは気力の消耗が激しく、施術の影響を帳消しにしてしまう傾向があります。

イライラや不安、怒る行為、苦手な人との会食など、ストレスや気疲れになる行為も控えて下さい。


・鍼灸を受けられた後は、今までにない身体の状態を経験することがあります。

例えば「眠くなる」、「だるくなる」、あるいは「かえって症状が重く感じられる」などです。

鍼灸は「滞った気」を動かすことを目的に行いますので、そのような違和感は、気の滞りや偏りが調整されていく過程であるとみてください。

蓄積された疲労・冷え・ストレスなどが大きい程、その反動は強いものです。

施術の回数を重ねるにしたがって不快な反応はなくなっていくと思われます。仮に我慢できないほどの症状が現れた時はご相談下さい。


良い体調を保つには施術だけでは不十分です。

むしろ日頃の生活の仕方が大切です。それというのも症状のほとんどが日常生活や心の状態に何らかの問題があり、起因しているからです。


この機会に、冷たいものの飲食を控え、身体を冷やさない、就寝時間を早める、ストレスを溜めずに身近な人に相談してみるなど、生活習慣の改善や日常のストレスに目を向けられてみてはいかがでしょうか?