原因のわからない機能性(続発性)不妊症

東洋的な考え方によるアプローチ

鍼灸が効果的と考えられているのは、原因の特定できない機能性(続発性)不妊症です。


原因の分からない不妊症に対しては、母体全体のバイタリティ(生命力・活性)の弱まりを考えてみる事も大切です。

母体の生命力・活性が弱まれば、本来備わった生殖機能の働きもセーブされてしまうと考えられるからです。

母体の生命力を弱めてしまう主な要因としては、蓄積された疲労・冷え・ストレス、飲食・睡眠・過労など生活環境の影響、加齢に伴う心身の変調などがあげられます。

数年前までは妊娠できるコンディションだった女性が、いつに間にか「妊娠しにくい状態」に陥ってしまっている可能性もあるのです。


当院では、このような母体全体の弱まりを機能性(続発性)不妊症の一因と捉え、東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整を行います。

母体のバイタリティを補い、本来の生殖機能の働きを高めていく事で、妊娠しにくい状態の改善を目指します。



母体の状態を見直し、気づくことが大切です。

「原因不明の原因」になりうる要因を再チェックされてみることも大切です。

生殖機能の働きがセーブされ、それが長期に渡れば、新たな機能異常が生じている可能性も考えられます。

また、隠れた原因に気づいていないだけという事も考えられます。生理痛や月経周期に変化がない場合、自覚症状がない場合も多いのです。


最も貴重なのは「時間」だと考えます。

簡潔なケアで早期の改善が期待できるならば、それに越したことはありません。

過去には、排卵を抑制する「高プロラクチン血症」なども、日常的に服用されていた胃薬・精神薬などの副作用で起こっていたケースもありました。

このように何気ない日常生活の中に「妊娠しにくさ」の要因が隠れている事も少なくありません。

限られた時間と予算。現在の母体の状態・状況を見直し気づかれる事は、妊娠までの意味のない遠回りを減らす事にもつながるのです。

*ご自身を客観的に見直し、再チェックされるのは意外に難しいものです。当院では「無料カウンセリング」を随時行っております。ぜひお気軽にご相談下さい。


「原因不明の原因」を再チェックしてみましょう


・卵管の通気不全・卵子のキャッチアップ障害

卵子をキャッチする「卵管采」や「卵管」に炎症や癒着があったりすると、排卵された卵子が精子と出会う場所までたどり着くことができません。→クリニックで癒着をはがす処置が必要です。


・慢性の子宮内膜炎

子宮内膜に炎症が起きていて着床しにくい状態です。

通常、生理痛やおりものが増えるなどの自覚症状を伴いますが、初期には自覚症状がなく発見が遅れることも。→不妊症治療を中断し、炎症を抑える為の抗生物質による治療を優先させます。


・卵子の未熟、精子の不活性、着床しない受精卵の問題


様々な要因により、本来の生殖機能がセーブされ、

健康的な卵子・精子ができにくい、

精子が卵子の中に入りこめても受精卵になるまでの活性が見られない、

体外受精で良質な胚(受精卵)を何度移植しても着床しない、などの問題が生じます。

→父母体のバイタリティ(生命力・活性)の弱まりによる生殖機能の低下(自律神経、ホルモン・バランスの乱れなど)が原因になっている可能性があります。鍼灸による改善が期待できます。


・卵子の老化(AMH・アンチミューラリアンホルモンの低下)

・卵子が老化していたり、卵子の数が減少している可能性も

残念ながら、卵子の老化を食い止めることは現代の医学ではできません。卵子を凍結保存をしておく技術はありますが、かなり高額になります。


といっても、卵子の老化は加齢だけが原因ではありません。

生活習慣やストレス・活性酸素などにより、体内のミトコンドリアの活性が低下して起こることもわかってきています。

若くても、喫煙習慣があったり、コーヒーを毎日多く飲む女性の卵子は老化が速いという研究データもあります。

「抗酸化力」を高める食事や生活習慣を心がけることで、卵子の老化を遅らせることができる可能性があるのです。


また、慢性的な疲労やストレスは心身を緊張状態にさせ、活性酸素を増やし、体を酸性に傾ける事が知られています。

鍼灸による全身(心)の調整は、このような心身の緊張状態をゆるめます。近年では抗酸化力を高める効果についても期待されています。


内なる生殖機能の働きを高めていく


カウンセリングにより母体の状態を把握した上で、お一人お一人に合わせた「妊娠しやすい母体へのコンディショニング」が始まります。

東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整により、内なる生殖機能の働きを高めていく事で妊娠しやすい母体を目指します。

元気な卵子が育ちやすい(育卵・排卵)、着床しにくさの改善、妊娠を維持する為の高温期の安定、抗酸化力のアップ(卵子の老化を早めない)など「妊娠しやすさ」に近づけていくのです。

・妊活と鍼灸

・体外受精・生殖医療との併用(着床改善)

・男性不妊症の改善