小児はりのすすめ

子供は本来、熱(陽気)の塊です。これから120年生きる為の生命エネルギーが満タンですので、好奇心旺盛でじっとしていられない位が普通です。


ですが、小児はりを受けに来る子供たちの中には、

声や動きが小さく元気がなかったり、動きが不自然で落ち着きがなかったり、言葉が詰まったり、


お腹や足裏が冷え湿っていたり、お腹には偏った固さがあったり、極端なくすぐったがりだったり、といった状態がみられることがあります。


これは、その子に備わった生命エネルギー・活力が弱められ、体内の陽気(熱)と陰気(冷え)が分離した病的なサインとして捉えられます。


お子さんの生命力が弱められ、本来備わった自然治癒力や調整機能の働きがセーブされれば、「治りにくい」「成長が滞る」「動静のバランスが取りにくい」といった状態になりやすいと考えられます。

この子たちは、一体どこで生命エネルギーを弱めてしまったのでしょう?


子供の生命エネルギーを弱めてしまう要因には、

・お腹の中にいる胎生期に生じた先天的な要因、体質・気質・遺伝的な素因

・生後の栄養状態の偏り、消化吸収力・排泄力の問題、かかった病気や受けた治療・薬の影響

・急な環境の変化、親や周囲の大人とのコミュニケーションに不安を感じる、親の過干渉、ストレス環境などによる心因的な要因

などが考えられます。


当院で実践する「小児はり」は、お子さんの内なる治癒力や調整機能の働きを高め、様々な症状の改善と健やかな成長を目指していくものです。

 



夜泣き・疳の虫・小児神経症


乳幼児は、脳や諸器官の成長も未熟でバランスが整っていません。 その為、日常的に心身の諸系統のコントロールが乱れやすい状態にあります。

ママを悩ませ寝不足にするのは、夜泣きや疳の虫といった小児神経症です。神経過敏、噛みつき、キーキー声、消化不良、便秘、青筋なども見られます。

これは成長に伴って生じる症状ですので病気ではありません。

ですが、夜泣き・疳の虫が続く子よりも、よく笑い、食べ、寝る子の方が健康的で、体力や免疫力・精神の安定(情緒の育成)などの面でも優れています。


小児はりは、このような小児神経症(夜泣き・疳の虫)の改善に大変効果的です。

小児はりの適応症状

乳幼児

小児神経症(夜泣き 疳の虫 神経過敏 夜驚 噛みつき キーキー声) 小児アトピー性皮膚炎 小児喘息 アレルギー 食の問題 その他


この時期に培った健康や心身の調和は、お子さんの将来に大きく関わってきます。

成長促進、病気予防、神経・精神の安定(情緒の育成)を目的として、定期的に小児はりを続けるお子さんも増えています。


小児・就学前後の児童

言葉の問題 眼の症状 夜尿症 尿漏れ チック 吃音  落ち着きがない 食の問題  歯ぎしり ストレス症状 鼻血  頭痛 発達障がい(ADHD・アスペルガー) その他


早期教育や習い事、受験の準備など、お子さんを取り巻く環境やアクティビティにも大きな変化が生じてきます。

親や周囲とのコミュニケーションに不安を感じたり、急な環境の変化に心の成長が追い付かず、チック・吃音・歯ぎしりなどのストレス症状が現れやすい時期でもあります。


頭脳や体力の発育だけでなく、その子の内にある不安やストレスを克服していく「心の成長」に目を向けてあげることも大切です。

小児はりは、お子さんの自律神経や精神の安定(落ち着きや情緒の育成)など、心の発育に関する面でもその有効性が広く認められています。


多忙で多感な思春期

ストレス症状、神経症、偏頭痛、肩こり、眼精疲労、疲労倦怠、自律神経失調、肥満、その他


不登校や引きこもりの原因になりやすい自律神経失調やストレスによる症状が見られます。

思春期には、こうであるべきだという親の規範を押し付け過ぎずに、少し距離を置いた見守りが大切であるように思います。


思春期の心身のアンバランス・機能失調によって生じる症状にも、背景には、疲労・精神ストレス・生活習慣の乱れなど、バイタリティ(生命力・活動力)を弱めてしまう要因があります。

本来備わった自然治癒力・調整機能・ストレス適応力の働きを補うことで、デリケートな時期の様々な症状の改善を目指します。


お子さんの全身(心)のバランスを調整する「小児はり」は、このような症状の改善にとても効果的です。


現在では、刺さない安全性・即効性・神経の安定(情緒の育成)・成長促進・免疫力向上などの利点が見直され、欧米の先進諸国でも盛んに研究・実践されています。


当院ブログより

「小児アレルギー体質と免疫~大人の免疫・小児の免疫~」

「小児が熱を出したら」

「食べない子・好き嫌いが激しい子~小児の食と成長~」

「手足口病・ヘルパンギーナ(夏風邪)」

使用する道具と刺激量

使用するのは、鍉鍼(ていしん)という金属の棒や、ヘラ、ブラシ、ローラーの様な道具です。


皮膚を摩擦したり、皮膚に軽く接触させたりする手技ですので、お子さんに痛いとか怖いとかいう感覚を与えません。怖がらず、気持ち良く施術を受ける子がほとんどです。


「触る程度の刺激で何が変わるのか?」と思われる方もおられますが、子供の皮膚はデリケートで反応が速く、小さい子ほど軽い刺激に対して全身(心)レベルでの反応がある事がわかっています。


必要に応じて温めるお灸を用います(怖がる子には行いません)。


発達障がいのグレーゾーンと診断された子のご相談が増えています

お母さん一人で深く悩まれてしまっているケースが見られます。

「ADHD」「アスペルガー」「自閉症」・・・。ネットで検索しても、不安を倍増させる言葉しか眼に入らないものです。

お母さんの不安やイライラは、必ずお子さんに伝播し、お子さんの感情や行動に悪影響を及ぼすことが多いように思います。


小児はりは、お子さんの全身(心)のバランスを整えていく施術です。

施術により神経や精神が安定し、落ち着きや情緒が芽生えやすくなります。


発達障がい児童を育てるお母さんは、肝っ玉母さんばかりではありません。

お子さんの症状を客観的に見つめる為のサポートも必要なのだと考えます。

お母さん一人で思い悩まれずに、ぜひ一度ご相談下さい。


当院ブログより

「アスペルガー症候群 ~発達障がい児童と母親~」

「ADHD(注意欠陥・多動症)」